有人宇宙計画研究会

趣旨

現在米・露・欧・日・カナダの5カ国・地域が参加している国際宇宙ステーションは、2020年までの運用が計画されていますが、 2014年になって米国が2024年まで運用を継続する計画を発表しています。また中国が独自の有人宇宙活動を推進し、 民間による宇宙観光旅行事業の計画も活発化するなど、有人宇宙活動をめぐる国際的な状況は大きく変化しつつあります。 しかし日本では、コストに対する成果が明確でないとして有人宇宙活動の予算は削減の方向にあり、国際宇宙ステーション後の国としての 有人宇宙活動の計画もまだない状態です。

  一方、物理学や生物学が、極限状況にその対象を置くことで物質や生命の知られざる性質を明らかにして来たように、 宇宙という人類にとって未知のフィールドは、人とその社会について知りたいという人文社会科学にとっても新たな可能性を開くものです。

  本研究会では、有人宇宙輸送の技術的課題、科学・経済・社会的意義、民間有人宇宙活動の可能性、法的・倫理的課題など、 有人宇宙活動のあり方について様々な側面から総合的な検討を行い、具体的な日本の有人宇宙計画のオプションを提示するとともに、 そこから派生する新しい学術研究の可能性を追求します。

次回の予定

2016年度第2回

議題 :前回にひきつづき、これまでの日本および世界の有人宇宙活動状況を、それぞれの専門・経験から紹介し、今後の研究会の活動について議論します。
話題提供:TBD


日時 :2016年5月11日(木) 14:00〜15:30
会場 :京都大学吉田キャンパス北部構内 理学部4号館 127講義室 4号館へのアクセス

過去の開催

2016年度第1回

議題 :これまでの日本および世界の有人宇宙活動状況を、それぞれの専門・経験から紹介し、今後の研究会の活動について議論します。
話題提供:
土井隆雄「宇宙飛行士の訓練と任務」
中野不二男「ISSの長期利用についての選択肢」
磯部洋明「有人宇宙活動の意義について、宇宙人類学および宇宙倫理学からの示唆」
日時 :2016年4月21日(木) 14:00〜15:30
会場 :京都大学吉田キャンパス北部構内 理学部4号館 127講義室 4号館へのアクセス

第4回

議題 :1.有人宇宙計画に関する社会調査の結果の検討
    昨年度、文学研究科・太郎丸博先生の社会実習の授業に依頼して行った、有人宇宙計画に関する意識調査の報告書について議論します。
日時 :2015年5月19日(火) 16:30〜18:00
会場 :京都大学吉田キャンパス 東一条館2階 講義室 東一条館へのアクセス

第3回

議題 :1.九州工業大学における有翼ロケット実験機の開発状況について
    2.有人宇宙計画のシナリオについて
    ゲストとして米本浩一先生(九州工業大学)をお招きしています。
日時 :2014年8月1日(金) 13:30〜15:30
会場 :京都大学吉田キャンパス北部構内 理学4号館3階 328講義室 ※会場が変更になっております。ご注意ください。
理学4号館へのアクセス(9番の建物です)

第2回(終了しました)

議題 :1.航空と宇宙輸送の観点から見た有人宇宙ビジョンについて
    2.有人宇宙開発に関する社会意識調査について
    ゲストとしてJAXAから藤井謙司さん、今田高峰さんをお招きしています。
日時 :2014年5月27日(火) 13:30〜15:30
会場 :京都大学吉田キャンパス北部構内 理学4号館1階 127講義室
理学4号館へのアクセス(9番の建物です)

第1回(終了しました)


日時:2014年4月10日(水) 13:30〜(2時間程度を予定しています。変更の可能性があります)
会場:京都大学吉田キャンパス北部構内 理学4号館1階 127講義室
理学4号館へのアクセス(9番の建物です)
内容:研究会の趣旨の説明(中野不二男、磯部洋明)と今後の議論

世話人・連絡先

研究会主催:
京都大学宇宙総合学研究ユニット 宇宙総合学研究部門(BBT部門)・宇宙計画研究室 HP
京都大学SPIRITS採択プロジェクト「宇宙における人類の総合的研究(代表:磯部洋明)」

世話人:
京都大学宇宙総合学研究ユニット 中野不二男、磯部洋明
本研究会に関するお問い合わせは磯部洋明(isobe@kwasan.kyoto-u.ac.jp)までお願いします。