宇宙人文学について

宇宙-人文学とは、観測衛星によって取得されるさまざまデータと人文科学分野の情報を融合し、新たな知見の獲得をめざす文理融合の新領域です。  イザナギ・イザナミによる天地創成にはじまる「古事記」や、日本最古とされる歴史書「日本書紀」の記述には、科学的な裏付けはありません。安藤広重 の描いた「東海道五十三次」もデフォルメされた構図であり、現実の景観とはことなります。しかしそうした絵図や古文書にも、古代の地形を示す情報がふ くまれています。それらの情報を抽出し、コンピューター上で衛星データと融合することにより、律令時代の古代官道や平安時代の海岸線などを示す手がか りが見えてきます。さらにこれらのデータから、地殻変動にともなう過去の津波の影響などを視覚化し、今後の防災に役立てる研究にも取り組んでいます。