諏訪盆地 山城と狼煙

諏訪盆地 山城と狼煙

 長野、山梨、岐阜は、ご存知のとおり山と谷と盆地が入り組んだ地形です。その複雑な地形において、かつて武田信玄をはじめとする各地の軍勢は、 狼煙を伝達手段として活用してきました。しかし、どこでどのように狼煙をあげ、交信してきたのか、わからないことはまだ数多くあります。 それを、宇宙人文学の技術を活用し、衛星データによって解明しようという試みに、諏訪市の研究グループが取り組みました。 宇宙人文学研究会・諏訪支部の後藤克典さんからの報告です。ぜひごらんください。


「諏訪盆地 山城と狼煙」宇宙人文学研究会・諏訪支部(PDFファイル 39.4MB)